禁煙知識1   禁煙離脱

 
  禁煙離脱=禁煙によって、ニコチンが体内から離脱していくこと
  

    体にニコチンが取り込まれることで一時的に
    気持ち良い感覚や覚醒作用を得られます


     タバコに含まれるニコチンは、依存性が強いのでタバコをやめれない人は
      「ニコチン依存症」ともいわれます



    その後1時間ほどで、体の中からニコチンが消えていくので
    ニコチンへの渇望として喫煙への欲求(タバコが吸いたい!という気持ち)
    が生まれるわけです


  「喫煙」は、その繰り返しをしている、ということになります


   タバコを止められない、または止めたくないという理由に
   「タバコを止める時の苦しみがいやだ」という人がほとんどでしょう


  渇望として喫煙への欲求そう言わせるわけです


   禁煙離脱は、その欲求を遮ることなので、


    「1日吸わないなんて考えられない」
    「きっとイライラするんだろうな」と…思ってしまうわけです




禁煙離脱の症状、期間

 
 「離脱症状 (禁断症状)」は 人によって、様々です


    頭痛、めまい、しびれ、眠気、咳、眠気など


    禁煙によってニコチンが分解され排出され、ニコチンから離脱する時に
    身体や神経のあちこちに刺激を与え、これらの影響がでる
  
  


 「離脱期間」  禁煙 離脱 症状の期間は、1週間がめど


    ニコチンの身体依存による離脱症状は、
    一般に禁煙開始後3日以内がピーク

    禁煙 離脱 症状の期間も、人によって異なる
    禁煙 離脱 症状が、まったくでない人、数日の人もいる
    



【コントロールして禁煙する方法】


▲ページトップに戻る