喫煙歴25年


  
  私の名前は「じっぽ」 女性です


  美容学校時代、初めて煙草を吸いました
  田舎でしたから、女性の煙草というのは、肩身が狭かったです


  当時は「女が煙草を吸うなんて」という偏見がありました
  男がよくて女がダメ、って…そんな時代もあったんですよ


  よく隠れて吸っていましたね
  寒くても窓を開けるとか、トイレの換気扇を回す、吸い殻を捨てる場所に困る
  など、当時は頑張っていました
  
  
  札幌にきて、女性が堂々と煙草を吸っていることにちょっとびっくりしました
  「女がタバコ」という偏見の目は、ここにはなかったですね


  喫煙者にとって  タバコが吸えなくなる、という思いはある意味「恐怖」です
  タバコがない、という状況を想像したくない…考えられないんです


  だから体に悪かろうが、他人に嫌われようがそんなの関係ないんです


  私はあまり買い置きはしないのでたまに買い忘れをするんですね
  箱にタバコが無くなると悲惨です


  灰皿の吸い殻(しけもく)があるうちはそれを吸います
  夜中でもコンビニに向かいます
  タバコを手に入れる方法を死に物狂いで探します



禁煙できた理由ときっかけ



 《きっかけ1 同僚》


  ある日、会社の同僚が「俺、禁煙できた」と言いました
  「簡単に止められたよ」と言ったんですね


  信じられませんでした
  私は、何度か喫煙に失敗していますから、自分は止められないんだと思っていました




 《きっかけ2 メンソールタバコ》


  その話の前後に「禁煙セラピー」という本を読んでいました
  が、最後まで読むと、本当にタバコを吸えない、と思ったので、
  途中で読むことを止めてしまいました


  ある日、コンビニの自販機に私があまり好きではないメンソールタバコが
  誰かの取り忘れで残っていました
  もったいないし、無くなった時にでも吸おうかと思い、持ち帰りました


  やがて、タバコが無くなり、買いに行くのも面倒だったこともあり
  しょうがないのであのメンソールの煙草を吸ってみました
  ”まずい”と思ったけど吸っていました




 《きっかけ3 「禁煙セラピー」の本》


  その時ふと「禁煙セラピー」の本の中にあった文を思い出しました
   「そのタバコは本当に美味しいですか?」


  正直今までもタバコが美味しいと思って吸ってはいませんでした
  でも、吸いたいと思って吸っていました


  改めて、この言葉を思い出した時”何も無理して吸うことはないか”と
  思ったんですね

  そのタバコを消しました
  その時、煙草を買いに行ったか…行かなかったんですね

  
  少ししてから、また吸いたくなりました
  で、またメンソールの煙草に火を付けました


  やっぱり、まずいんです
  

  それを2,3回繰り返して、その日は終わりました


  その次の日、私はいつものキャスターマイルドを買いました
  で、吸ってみました
  もちろん、いつもの味です


  その時、また思ったんですね「この煙草は本当に美味しいのか?」
  その日始めて吸ったのはお昼の休憩だったので
  頭や体中に、いつものボぁ〜とした感覚が広がりました


  本によれば、体がニコチンを欲しているところへニコチンを入れることで
  体が安心するから…


  指先がジ〜ンとしました
  本によれば、これはニコチンが末端神経に影響しているとのこと

  
  と、かなり冷静に本の内容を思い出しました


  この煙草は本当に美味しいのか…
  あらてめて考えた時に出た答えは「まずい」でした


  じゃぁ、なぜ吸っている?    
            吸いたいから


  ニコチンにだまされているからだろ?    
            自分の意思だよ


  違うよ、ニコチンがそうさせているんだって…


  本の内容は、意外とこんな時に思い出すもんなんですね




 《きっかけ5 心の変化》


  そのうちまずいなら吸わなきゃいいんだと思うようになりました


  話で聞くほどの苦しさは、記憶ないです


  吸いたくなったら、あのメンソールの味を思い出し
  「まずいから吸わない」と思うと、吸わなくて済むんです


  よく聞く「つらさ」は本当は聞こえてくるほどじゃないんだって…
  その時思いました


  禁煙できない人が大げさに言っているんじゃないかって、思ったほどです


  自分はその後、数カ月は、いつでも吸えるように煙草を身近に置いていました
  止めたとは言わなかったし、いつでも吸っていいんだぞ!と自分にも言ってました

 
  同僚も言っていましたが「吸っている夢」を何度か見ました
  やっぱり駄目だったか、とがっかりしている夢です





禁煙して変ったこと

 

  一年経ち「どのくらい吸わなかったら、禁煙できたって言えるの?」
  と旦那に聞いてみました
  「一年なら十分じゃない?、お前偉いよ、俺にはできない」とに言ってもらいました


  ・太りました
   メキメキ太りました
   サイズが9号から11号になるのに3ヶ月かかりませんでした


  ・肌の変化は、2年ぐらいで気付きました
   顔色が、年中土色気味だったのが、普通に熱ければ赤くなるようになりました
   べたべたの顔汗をかかなくなりました
   年々よくなっていきます 5年たった今、つるっつるです

 
  ・空虚な気分になることが無くなりました 
  ・他人の煙草にむせるようになりました
  ・匂いに敏感になりました
  ・「旦那も止めればいいのに」と思うようになりました


  今思いつくことを挙げましたが、結構いろいろありますね





禁煙のすすめ

 
 
  一番止めてよかったと思うことは、「空虚感」がなくなったこと
  煙草は、あの感じを求めて吸うんですけどね


  やる気がなくなる、ボーっとしていたくなる


  吸っている時でも、あれは、かなりのネガティブ感がありました


  ・他人に迷惑をかけなくて済む
  ・煙草を吸う場所を探すことがなくなる


   これがどんなに楽なことか…


  それがなくなったということだけでも禁煙してよかったなと思います


  煙草を吸わなくなって気付いたことがたくさんあります
  「禁煙セラピー」の本を  煙草を吸いながら読むんでいる時はわからなかったことが
  止めてから、とてもわかるようになります
  
  
  ニコチンに支配されているだけの自分に気づくか気付かないか
  吸うと気持ちよくなる、という勘違いに気づくか気付かないか
  

  私は、そこがポイントだと思っています
  
  
  タバコ…やめましょうよ!

【コントロールして禁煙する方法】


▲ページトップに戻る